SNOWSCAPE

snowscape.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 14日

東北関東大震災

現地で被災された方とは比べようもない状況ですが、かなり衝撃的な体験でした・・・。

地震発生時は東京駅の京葉線東京駅に向かって地下を歩いているところでした。地下にいるせいかそんなに激しい揺れではなかったのですが、通路の電気は一度停電したのを覚えてます。当日は大原まで行かなければならなかったので、地震が収まるのを待って京葉線地下ホームへ・・・・。

私が乗る予定だった特急列車は全く動く気配なく余震も続きます。一緒に行く同僚が「宮城で震度7」と教えてくれたものの事の重大さに気づかず、さらに列車が動くのを待っていると「ホームに漏水が出始めたので、地上に避難するように・・・」とのアナウンスで、何となく事の重大さを感じ始めることに。

そして、地上に上がると改札の前に人だかり。
みんなの目線の先には大津波に飲み込まれる釜石市の映像が・・・。

衝撃的な映像を目にし、携帯もメールも全く通じない状況・・・。出張を諦め急いで帰社。

その後は会社待機を命じられ外に出られない状況が続きました。夜になり覚悟を決めた徒歩帰宅組がだんだん出始め、社内では乾パンや毛布が配られ始め、いよいよ「徒歩帰宅」か「会社宿泊」かの選択を迫られることに。

「もうこれは宿泊か・・・・」と諦めかけたところ、都営新宿線の運転開始の一報で帰宅を決意。徒歩で地下鉄小川町まで歩くと、偶然、丸の内線の運転再開と重なり荻窪→徒歩→西荻窪と何とか無事に帰ってこれました。

ただ日付は翌日になってましたけど・・・・。

で、そんななか学んだ教訓

1)災害時には電話よりもメール
当日は携帯全くつながらず、会社との連絡はメールで。
また、固定電話は携帯よりもつながりやすかった。

2)Google リアルタイムで情報収集
ツイッターの情報を集リアルタイムに集めてくれるので、電車の運行状況や混雑を早く把握可能。「JRは終日運休」という情報も報道発表よりもここで知った。

3)地下鉄は震災に強し
都内で最初に運転再開した列車は日本で最も古い地下鉄、銀座線。その後、JR線が全滅するなか大江戸線や丸の内線も復活。丸の内線の赤い車両は本当に頼もしかった。。。。

4)非常用の靴の準備
通常スーツに革靴で会社に行ってますが、当日は偶然、出張用に買ったゴアテックスのウォーキングビジネスシューズでした。普通の革靴だったら、これだけの距離(最悪自宅まで・・・)を歩こうと思ったか・・・・。ヘルメットよりも長距離を歩ける靴の常備の方が大事だと思う。

今だから言えることですが、もし地震発生が1時間遅れていたら出張先で被災しているところでした。
その場合、一体、いつ東京に帰ってこれたことやら・・・。
[PR]

by snowscape650 | 2011-03-14 22:11 | 都会生活


<< マスターズ第3戦中止      能登半島 >>