2011年 03月 20日

震災から1週間

震災から1週間が過ぎた。
直接的な被害はないものの東京での生活にも大きく変わった。

まず「計画停電」の影響を避けるため会社へは異様に早く出社しなければならない。
ただ、出張禁止でクライアントに会えないので早く会社に行ったところで仕事が全く進まない・・・・。
そして夕方からは「停電」の情報で社内が右往左往し、すぐに「帰れ」という指示が出て落ち着かない。

東京で働く人間は「通常の業務」が多分できず、震災前の仕事量には全く届いてないのではないだろうか?

特に私みたいな「現場に行ってナンボ」の営業職は本当に辛い環境で、こんなときこそ頑張らなければならないのに、全く日本経済(おおげざかもしれないが・・・)に貢献している気がしない。

仕事以外の生活面でも大きな変化。

私の住む西荻窪は西荻一のスーパー西友の天井が地震で落ちて臨時閉店になってから様子が一変。
他のスーパーでは水や米やカップラーメンはおろか、パンや牛乳、タマゴなど「日持ちしない」品物までも売り切れ。非常食にはなりえないだろうに・・・・。

そして西友再開時はこんな行列が・・・・・ありえない。
c0014906_2332961.jpg


ちなみに昨日、世田谷でスーパーに偶然立ち寄ったところ米も牛乳もパンもあり非常に平和でしたよ。
うちからはかなり近い場所なのに何故こんな違いが???
[PR]

by snowscape650 | 2011-03-20 23:11 | 都会生活


<< 原子力発電所の件      マスターズ第3戦中止 >>