カテゴリ:ski( 208 )


2005年 01月 24日

志賀高原~ジャイアント他~

c0014906_012517.jpg今週は仕事がきつかった・・・・。

正直こんな時は週末東京でゆっくり過ごしたいと思う自分。
某大会に向けて、時間がある限り雪の上に立たねばならない自分。

そんな、心の葛藤と戦いながら、週末を迎える。
行き先は、車山に行く前の最後の志賀高原。

知り合いに「で、何時集合?」と連絡すると「朝4時半ね♪」という返事。
・・・・早すぎるって。

ちなみに現地の天気予報は雪。
・・・・やだなぁ。

ということで・・・・
[PR]

by snowscape650 | 2005-01-24 00:12 | ski
2005年 01月 17日

尾瀬岩鞍~定例合宿~

c0014906_20214093.jpg尾瀬岩鞍で行う定例の1月合宿。
体力的にキツかったので、豪勢にも金曜日の半泊から定宿にもぐる。

天気は晴れ。
路面は鎌田付近から凍っていたものの、概ねドライ。

明日からのスキーを楽しみに早めに寝床に就く。

で、起きてみたら・・・・
[PR]

by snowscape650 | 2005-01-17 20:21 | ski
2005年 01月 12日

技術選対策合宿in菅平

c0014906_238072.jpg1月の3連休は技術選に向けての秘密合宿に参加。

講師はこの方

昨年よりクラブ合宿にも参加してもらったり、技術選対策キャンプに仲間と参加させてもらったりと、うちのクラブのレベル向上には欠かせない人物となっている。

合宿の会場は菅平オオマツ。
車山のスポーツマン対策として、硬くて急斜面を求めてココでの実施となった。

噂で"かなーーーり空いているらしい"というのもココを選んだ理由。



菅平と言えば、表太郎やダボスなどしか来たことが無く(それも準指検定のためイヤイヤ)、軟派なイメージを持っていたが、オオマツは違った。

レーサーしかいない・・・・。

ゲレンデにはワンピ&ヘルメットといった、硬派なスキーヤーしかいなかった。

斜面もなかなかすべり応えがあり、比較的空いていた状況とともに、3日間非常に有意義な練習が出来た。菅平嫌いな自分ではあるが、また来てもいいなぁと思ってしまった。

ただ、レストハウスには全く期待してはいけない。
キャパシティはぜんぜん不足しているし、サービスは最悪。

それと・・・

ゲレンデ最下部でも気温が-10℃

というのは許してください。寒くて死にますから。
[PR]

by snowscape650 | 2005-01-12 23:08 | ski
2004年 12月 26日

尾瀬岩鞍~定例合宿~

c0014906_11102958.jpg所属クラブの定例合宿で尾瀬岩鞍へ

暖冬が続く12月、雪不足でオープンが延期されるスキー場が相次ぐ中、
なんとかオープンできたといった状況。

ちなみに、滑走可能なコースは頂上付近と一番下のコースのみ。
両者は繋がっていないので、ゴンドラで往復するハメとなった。

コース自体は人口降雪機のお陰でブッシュもなく快適。
2日間ともに、充実した練習が出来た。

しかし、相変わらず思うことだが、このスキー場は非常にスキーヤーのレベルが高い。

リフトの上からスキーヤーの動きを見るだけでも、非常に参考になる。

ちなみに、今年もシーズン券を買ってしまった。
志賀高原の10日券も買ってあるのに・・・・。

ちなみに昨年は収支トントンというところ。
今年は何とかシーズン券代分程度は回収したい。
[PR]

by snowscape650 | 2004-12-26 11:10 | ski
2004年 12月 19日

志賀高原~熊の湯~

c0014906_16524858.jpg
2日目は熊の湯でスタートした。
やはり暖冬の影響からか予想以上に混雑していてびっくりしたが、
リフト待ちはほとんどなく、頂上からの滑走が可能であったので、
ストレスはそんなに感じなかった。

積雪は絶対的に少ない。去年のこの時期は熊の湯は全面滑走だったはず。
今年は馬の背コースもコース制限があったり、一部土が出ていたりといった状況。

ただし、天気も良く、眼下に雲海を見ながらのスキーは
あ~、スキーしてて良かった~
と思わせるには十分な環境だったな。


午後はダイヤモンドに移動。
こちらもシーズン初め、しかも暖冬という状況の中では最高のコンディション!!

通常、日曜日の志賀高原は午後になるとサッーと人がいなくなる(=帰りだす)
のが普通であったが、この日は3時過ぎまで人の波が途絶えなかった。

とは言うものの、リフト待ちは終始無いに等しく、今シーズン初めてまともな
大回りの練習が出来た。

ちなみに、ランチは独断で"志賀ランチ四天王"と命名している場所
の一つ、レストランかもしかのカレーバイキングに行った。

さて、昨年までは(というか、今年の10月までは)レストランを出る際に料金を支払うシステムであったが、今年は料金を先に支払うと、店のネパールの方が人数分のトレーを渡してくれるシステムに変更されていた

きっと誰かが食い逃げをしたに違いない・・・・。
[PR]

by snowscape650 | 2004-12-19 16:52 | ski
2004年 12月 18日

志賀高原~サンバレー~

c0014906_20245368.jpg
今シーズン二度目の志賀高原
暖冬の影響で湯田中までは全く雪の気配すらなし。

しかし・・・
湯田中から登り始めると、日陰部分は凍結していた。

ということで、志賀高原初冬の風物詩(?)
ノーマルタイヤ車のスタック
に出会う。

毎年のことであるが、シーズン初めはノーマルタイヤ&ノーチェーンで
上がってくる連中が多く、大体がスリップして停止。


さらに最悪なことに平気で道の真中でチェーン装着
毎度のことであるが、大迷惑である。
勘弁してほしい。

トップシーズンであれば、路面に雪がありスタックしにくいが、この時期は大体雪が溶けて凍結していることが多く、道路状況はトップシーズンよりもハード。

志賀高原はどんな時期であれ、スタッドレス&4WDで訪れたい。

さて、肝心のゲレンデであるが、やはり積雪は少ない。
サンバレーも人口降雪機のおかげでやっと1コースのみ。
ゲレンデ人口も修学旅行が入っており、サンバレーにしては高め。

とはいいながらも、関東近郊のゲレンデに比べればリフト待ちはないし、
大回りも可能な状況はかなーり恵まれている状況と言えるかと。

しかし・・・今年は積雪が異常に少ない。
今年の課題であるコブ斜面はいつになったら練習できるやら・・・・。
[PR]

by snowscape650 | 2004-12-18 20:24 | ski
2004年 12月 17日

Good Job!!

上手いスキーヤーが集まるスキー場はどこ?

と聞かれたら、現時点ではASAMA2000以外にはありえないだろう。

スキーヤー全員が技術選(地区予選)にエントリーしているんじゃないか?
と思うほどに、レベルが高かった先週の土曜日。

c0014906_151820100.jpg
見渡せば・・・・

オガサカウェア(今年の)がいっぱい、
某草技術選の優勝者がいるし、
SAJデモはいるし、

・・・そんな状態。

ゲレンデ自体も斜度も十分だし、ゲレンデの幅も広い。
肝心の混雑状況も、終日リフト5分待ち以下。
十分な練習ができた。

さらに指導員資格保有者はリフト代1,000円

いや、ここまで来ると

いい仕事してるじゃねーか

と認めざるを得ない。

今週末もおそらくこんな状況だろう。
コースが増えたからと言って丸沼に行くなら、1コースだけではあるが
よっぽどココをおすすめしたい。
実際、丸沼はリフト待ち20分位だったらしいし。

ただ・・・
浅間山の噴火には十分お気をつけください。

・・・そーいや、家族連れの一般スキーヤーはほとんどいなかったような。
[PR]

by snowscape650 | 2004-12-17 15:18 | ski
2004年 12月 10日

某事務局

c0014906_23175327.jpg
・・・というか、写真でバレバレだし。

先週、某連盟の事務所に、某大会の申し込みに行ってきた。

行ったことのある人ならわかると思うが、この事務所は、
約2万人を束ねる組織の事務所としてはとでも思えないほどに、
狭い。しかも雑居ビルの一室である。



毎年、登録費用(ウン十万円)を払いにここに訪れたりするのだが、
暗闇から人が急に人が現れて、拉致されやしないかと毎回ヒヤヒヤしている。

そのくらい、怪しい場所にある。

・・・探偵物語に出てきそうなくらいに。

・・・・年がバレバレだろ。
[PR]

by snowscape650 | 2004-12-10 23:17 | ski